【開発ストーリー】はてしない試作でたどり着いた、爽やかな「甘夏みかんの生ガトーショコラ」

2024.04.17 #Minimal's Story & Report

2024年春の限定商品「甘夏みかんの生ガトーショコラ」の開発秘話を、開発担当の奥野が語ります。

 

自家製造で、甘夏みかんを丸ごとガトーショコラに


奥野

ご縁をいただき、和歌山県で200年以上も続くみかん農家「善兵衛農園」さんの甘夏みかんを使い、春から初夏に食べやすい爽やかなガトーショコラを開発しました。

甘夏みかんの果肉を「甘夏カード」に、果肉と表皮を「甘夏ジャム」に、表皮をスライスして煮詰めたピールをトップに載せています。

丁寧に育てられた甘夏をなるべく余すことなく全て使いたいと思い、甘夏みかんの果肉だけでなく表皮まで使って仕上げました。

優しい味わいを添える、イタリアンメレンゲ

奥野
今回工夫したポイントは、「柑橘の味わい」をメインで感じていただくための引き立て役の、チョコレート層(ガトーショコラ生地)とメレンゲ層です。

特にメレンゲ層は、試行錯誤しました。
当初はマシュマロのような層を試作していましたが、今までにないものを造りたい!という意気込みで試作を繰り返して、最終的にはイタリアンメレンゲを採用しました。

イタリアンメレンゲというのは、泡立てた卵白にシロップを入れて混ぜたもので、食べたときに口内の温度でふわっと溶けるような食感が楽しめます。

タルト・シトロンなどによく使われていて、日本でもひそかに人気がでていますね。

試作は10回以上。苦戦しました(苦笑)


奥野
ガトーショコラ生地には、NUTTY-SWEETというチョコレートを使いました。ナッツのような甘くコク深い味わいのMinimalオリジナルブレンドです。

柑橘類とナッツ風味はとても相性がよく合わせやすいのですが、今回気を配ったのは柑橘の風味を存分に楽しめるためのバランスでした。

チョコレートの存在感が強くなると重たい印象になり、柑橘の爽やかな風味が弱まってしまいます。

ガトーショコラ生地の配分を10グラムずつ変えて細かく味をみたのですが、じつは試作を経るごとにチョコレートの分量が減っていきました。
今回は特に甘夏みかんの素材を活かしたいと意気込んでいたからかもしれません。


結果的に試作は10回以上になりました。
加えて実は、配送のテストをおこなった際イタリアンメレンゲが崩れてしまい、最後の最後に固さや梱包の調整もおこないました。

今回は、とても苦戦したとも言えます(苦笑)。
もしかしたら今までで一番調整を繰り返したかもしれません。それだけに販売開始できることに感慨もひとしおです。

贈り物や手土産を、華やかに彩る一品

奥野
今回、個人的にこだわりたかったのが、ガトーショコラの見た目です。

春らしい明るい色調や、初夏にふさわしい軽やかさを見た目からも感じていただきたいと思い、白と黄を基調とした色彩にまとめました。

贈り物や手土産のシーンを華やかに彩れたら嬉しいです。


柑橘の爽やかさを果汁たっぷりの甘夏カードでしっかり感じていただき、イタリアンメレンゲのまろやかな甘味と生ガトーショコラの心地よいナッツ風味が調和し、最後に甘夏ジャムの果実味と食感で余韻を楽しめる商品に仕上げました。

これからの季節にぴったりな柑橘の果実味を存分に楽しめる一品に仕上げられたと思います。ぜひお召し上がりください。

商品情報
「甘夏みかんの生ガトーショコラ」
価格:3,650円(税込)
販売チャネル:オンラインストア・代々木上原店


ご購入はこちら >>

#Minimal's Story & Report

← Previous
【Minimal若手座談会】ショコラティエ・パティシエチーム
Next →
【開発ストーリー】見た目を裏切る軽やかな「ガトーショコラ ソフト -ブラッ•••

Our Philosophy

引き算の哲学から生まれた、
新しいチョコレートのおいしさ

余分なものを引き算し、
カカオそれぞれの風味を引き立てる。
素材と真摯に向き合うことで生まれた
新しいチョコレートの体験を。

ABOUT Minimal Chocolate