引き算の哲学から生まれた、
新しいチョコレートのおいしさ

余分なものを引き算し、
カカオそれぞれの風味を引き立てる。
素材と真摯に向き合うことで生まれた
新しいチョコレートの体験を。

おいしくて、新しい。

Minimalは、
カカオ豆の仕入れからチョコレートづくりまでの
全ての工程を自社工房で職人達が手仕事で行っています。

余分なものは引き算するミニマリズムの考えを
もとに作られたチョコレートは、
ザクザクとしたカカオ豆の食感、
クリアに感性に訴えるカカオ豆の香りが特徴。

目指しているのは、Minimalのチョコレートが
毎日を少し面白く、豊かにすること。
まずは体験してみてください。

カカオそのまま、板チョコレート

Minimalの原点は使用するカカオの風味から
名付けられた板チョコレート。

原料は「カカオ豆」と「砂糖」のみです。

あけた瞬間広がる香りがインスピレーションを湧き起こし、
食べ進めると、柑橘、ドライミント、ローストナッツなど
個性的な風味を発見できます。

ザクザクとした食感は独自の工程で残されたカカオそのもの。

素材を感じ、同梱のカードでカカオの特徴や
レシピを探究できる、エクスペリメンタルな一枚です。

Minimalをつくる3つの要素

クリアに伝わるカカオの香り

Minimalのプロダクトづくりは、原料になるカカオ豆の個性の解析から始まります。そこで使われるのはカカオ感、酸味、渋味などの11のテイスティング項目と白い花、ナッツ、南国の果実などの50種類のオリジナルの香りを表すノート。カカオの鮮やかな香りがクリアに伝わるのがMinimalのチョコレートの特徴です。

必要なものだけで作る。

板チョコレートの原料がカカオ豆と砂糖だけであるように、Minimalのプロダクトは必要なものだけで作っています。日本食の「引き算」から学び、最小限の素材だけで作ることでカカオのおいしさが立ってくるのです。食べ心地がよく、食べた後の重さが残らないのもこのため。沢山食べても安心、少量でも満足することができます。

カカオの風味にかける本気

世界中のカカオ農園に直接足を運び、高品質のカカオ豆を仕入れること。その風味を最大限に引き出すため、自社工房で焙煎時間やカカオ濃度を1℃、1%単位で管理し製造すること。カカオの風味を引き出すための工程を厭わないこと。Minimalのチョコレートづくりは本気の製造から生まれます。カカオ生産者から海外の三ツ星レストランや国内有名レストランのシェフパティシエなど数々の経験を積んだ職人まで、みんなで本気でつくっているチョコレートです。

Minimalのチョコレートは国際品評会で
6年連続・合計69賞を受賞中です。

受賞

Our Vision

1枚のチョコレートから変えていく、
100年後の未来

今は挑戦でも、100年続けば文化になります。

私たちは、新しい文化を作るため
Minimalのチョコレートを作っています。

おいしいチョコレートを作ること。
そのために、産地に直接出向いてまず
カカオ生産者と一緒にチョコレート造りから始めること。
そして、Minimalのチョコレートの品質に納得してもらうこと。
高品質の豆を作ってもらい、
高価であっても適正な価格で仕入れること。
それを日本文化が持つ、きめ細やかな引き算の製造方法で
おいしいチョコレートに仕上げること。

おいしいチョコレートを食べたい、という
お客さまの思いが起点となり、
カカオ生産者の笑顔、お客さまの笑顔、
私たちの笑顔が循環していく。
そうして社会に笑顔がめぐることが、100年後の豊かさや、
持続可能な社会を作っていくのです。
その循環をチョコレートづくりで支えていくのがMinimalの役目です。

chocolate
thumbnails
thumbnails
thumbnails
thumbnails
thumbnails
thumbnails
thumbnails
thumbnails