Minimal’s Tableレポート「新しいお茶とチョコレートの出会い」ペアリングイベントwith GEN GEN AN を開催しました。

Minimal’s Tableを次のステージへ

Minimalは「毎日の生活に、素材を楽しむ豊かさを」という思いを「Life with Chocolate」というテーマに込めて商品開発やイベントを行っています。その1つがチョコレートの新しい楽しみ方を提案するイベント「Minimal's Table」。

 

カカオを使った料理教室を開催したり、寛永二年創業の酒蔵「福光屋」さんやワールドクラスのバリスタを輩出するスペシャリティコーヒーの「丸山珈琲」さんをはじめ、ワインやウイスキー、ラムやカクテルなど幅広い一級の方々とペアリングイベントなどを行い、多くの方にご参加いただきました。

他ブランドとのコラボイベントでは、チョコレート単体の研究とは全く違うフレーバーや素材の可能性、製法や表現の可能性について大きな学びが毎回ありました。今までは一度限りのイベントが多かったのですが、同じパートナーと繰り返し開催をして学びを積み上げて、さらに深く、もっと面白い体験をみなさまにお届けしたいと考えていました。

 

そこで、今回のMinimal's Tableは3ヶ月連続開催をすることにしました。毎月テーマや視点を変えながら新しい発見をどんどん積み上げて、より今までに無い新しい体験を皆様にお届けしていきたいと思います。

 

Minimal’s Table第二章とも言える連続開催イベント第1回目のパートナーは、「NEXT STANDARD TEA」を掲げ、茶葉づくりからお茶の提供までを一貫して行う、渋谷の茶葉屋「GEN GEN AN」さんです。

 

 

渋谷の茶葉屋「GEN GEN AN」、テーマは「NEXT STANDARD TEA」

“健やかに飲める最高に美味しいお茶”をテーマに、丸若氏と松尾氏が、土、光、技のあらゆる研究を重ねて、日本に最初に「お茶」が伝来したと言われている”肥前地区”佐賀県嬉野市で茶葉の栽培・研究から手がけられています。

 

九谷焼や、大館曲げわっぱ(秋田県)、越前塗(福井県)といった日本の伝統工芸を、現代のアート感覚で捉えなおし、“日本文化の再生屋”と呼ばれる丸若さん。スポーツブランドのプーマから発表された曲げわっぱの弁当箱や、世界的デザイナーのハイメ・アジョンとの九谷焼の器など、多くのプロジェクトを手掛けられています。さらに、2014年にはパリにギャラリーショップ「NAKANIWA」をオープン。国内外問わず、多岐に渡る舞台で勝負をし続け、活躍されています。そして昨年、佐賀県嬉野の茶師・松尾さんと出会い、日本茶の持つ可能性に目覚め、GEN GEN ANをスタート。

 

松尾さんは、脳医学から学んだ検知、そして類い稀な嗅覚と味覚を持ち、気候や日照条件まで徹底してデータ化するなど、徹底的な現代的なアプローチと、非効率と思われる原始的なアナログ手法とを融合させ、唯一無比の最良茶葉栽培&製造を行う若き茶師です。

 

この2人の出会いにより実現したこの茶葉は、佐賀県嬉野市で栽培され、「日本茶を再定義し、世界のエナジードリンクへ」を掲げて、渋谷の「GEN GEN AN」で提供されています。

 

 

Minimal とGEN GEN AN 驚きの出会い

GEN GEN ANとMinimalは、”お茶”と”チョコレート”という一見まったく異なるブランド。しかし、”素材の活かし方や楽しみ方を再定義して、温故知新=NEW STANDARDを作りたい”という同じ思想を持つこの2ブランドが、偶然にも同じ渋谷という街に店を構え、出会うことができました。

 

互いの商品を食べてお話をするうちに、想いに共感し、商品に感動をして、すぐにこのイベントの開催を決定しました。

 

とはいえ、「お茶」と「チョコレート」という組み合わせは、Minimalで今までも試したことはありました。しかし、エッジーな香りが強い特徴をもつMinimalのチョコレートでは、茶葉とあわせるとお茶の香りがチョコレートに負けてしまうため、今まではほとんどが企画落ち。これはお茶だけではなく、ワインや日本酒など他の飲み物でもしょっちゅう起こる難点でした。

 

そんな中、Minimal山下がGEN GEN ANのお茶を飲んだときに、そのしっかりとした豊かな香りに驚きました。そしてGEN GEN ANのお茶となら面白いペアリングができると確信したのです。

 

一方で、GEN GEN ANの丸若さんも、いままでチョコレートを検討する機会はあったものの、「お茶菓子を受けるお茶」ではなく、「お茶の香りをより豊かに楽むための体験」を提案したかった丸若さんにとって、相性の良いパートナーを見つけることは難しかったそう。そんな時にMinimalのチョコレートを食べて驚き、これならいけるのではないかと直感したそうです。

 

 

振るだけで”お茶を淹れる”、新しい水出し茶 

イベントで、まず試していただいたのが「水出し茶」です。

何時間も待つイメージのある水出し茶ですが、意外なことにたった30秒シェイクするだけで完成です。

一杯目が水出し茶だったことに意外な印象を持った方も多かったと思いますが、飲んでみると「おいしい!」「すごい、本当にしっかり香りと味が出てる!」と絶賛の嵐。どうしてこんなに簡単に、そして早くおいしいお茶ができるのか、というご質問が飛び交いました。

 

おいしいお茶を手軽に生活の中に(丸若さんの話)

「お茶」というと、コンビニのペットボトルか、茶道のような少し遠い存在を想像します。しかし、もっと良いお茶を手軽に楽しんでほしいと思い、例えば公園でさっと飲めるような本当に美味しいお茶を作りたいと考え作られたのが、この「水出し茶」です。

 

GEN GEN AN の水出し茶は、水出しに最適な茶葉を組み合わせたブレンド茶です。『味・香り・色』というそれぞれの項目で非常に優秀な茶葉をブレンドすることで、すぐに味も香りも色もしっかりと出る水出し茶を実現出来ました。

 

GEN GEN ANの水出し茶は漬けっぱなしでも全く苦くならないので不思議がられますが、時間が経っても苦くならないのは高品質の茶葉の証明なんです。

 

お茶を”振る”というのは、一見無作法にも見えますが、抹茶を点てるのと同じこと。しっかり水出し茶にあわせた茶葉であれば、こんなにも手軽においしいお茶を自分で作ることができる。だからおいしいお茶を手軽に飲んでもらえると嬉しいです。

 

 

本当のおいしい「お茶体験」をご自宅で楽しんでもらうために

GEN GEN ANでは、ティーバッグでの販売も行われています。「お茶は急須で入れないといけなくて難しい」という人や、「ティーバッグのお茶はおいしくない」と言われることもあったようです。しかし、GEN GEN ANのオリジナルティーバッグでは茶師が淹れた急須のお茶の85% の仕上がりを実現することができるように作られています。

 

”やっぱり急須で入れた方が美味しいんだ”と思うかもしれませんが、「85%」は”プロの茶師が淹れた”お茶と比べた数字。

 

このオリジナルティーバッグは、プロが淹れたのと同じくらいおいしいお茶を届けたいという想いで茶師が仕上げています。慣れない一般の人が急須で淹れるならティーパックの方が絶対に美味しく出来ると自信を持たれています。  

 

水出し茶と同様、GEN GEN ANさんでは茶葉の素材だけでなく、お茶を家庭で「体験」するところまで考えて作られていました。

 

 

カカオの持つフレーバーを楽しみ、新しいチョコレート体験を届けるMinimal

Minimalにも似た話があります。Minimalのチョコレートは、カカオと砂糖のみで作っていて、カカオが粗挽きでザクザクとした食感が特徴です。当初「チョコレートがなめらかじゃないなんて邪道だ」とお叱りをいただくことも。確かに他にはない独特のチョコレートですが、実験を何度も何度も繰り返して見つけた”カカオの香りを活かして楽しんでもらう”ための一番の方法でした。

 

カカオはフルーツであり農作物。だから、カカオの産地や種類、収穫年などによって全くフレーバーが異なります。このカカオのフレーバーを活かしたチョコレートを通して、私たちが感じた衝撃や感動を、みなさまにお届けしたいと思っています。

 

こういった”素材を活かす”という考えや、みなさんに”もっと新しい体験をお伝えして新しいスタンダードを作っていきたい”という想いが共鳴し、意気投合して今回のペアリングが実現しました。

 

 

味わいが変わる「お茶」と「チョコレート」のペアリング

今回、もともと各ブランドが持っている商品の組み合わせで、『4つのペアリング』をご提案しました。

 

GEN GEN AN お茶3種

釜炒り玄米茶 / 紅ほうじ茶 / 白茶

Minimal チョコレート3種

FRUITY CITRIC ボリビア産 / SAVORY HERBALトリニダード・トバゴ産 / SAVORY FLORALコロンビア産

 

まずは「お茶」を飲んで味わっていただき、口が温まったところで「チョコレート」を食べて味わう。そして口にチョコレートが残っているうちにまた「お茶」を飲み、味わいの変化を感じていただく。そして気軽に参加者で感想を語りながらペアリングを楽しんでいただきました。

 

今回のイベントでは、GEN GEN ANの丸若さんをお招きし、「お茶」はまだほとんどの船が沈んでしまうような時代、「仏教」と一緒に伝来するほどの選ばれし存在だったというお話しや、台湾のお茶との違いなど、普段知ることのできない貴重なお茶の話をしていただきました。

 

 

釜炒り玄米茶 × FRUITY CITRIC ボリビア産チョコレート

「白桃のようなジューシーな香りがする」「お茶とチョコレートが意外なほどにあうので驚いた」というコメントを多くいただきました。

 

Minimal山下とGEN GEN AN丸若さんが捉えたあじわいもご紹介します。

 

by GEN GEN AN: 釜炒り玄米茶は、古来製法から生まれる優しく余韻と、クリアな香ばしさを持つ茶です。チョコレートと融合することで、丸みのある甘みが一体となり、まろやかに口内に広がります。

by Minimal: チョコレートは柑橘系の香りとキレの良い渋味、そしてヨーグルトのような乳酸系の余韻が特徴です。釜炒り玄米茶と合わせることで、チョコレートの持つ甘味と果実感が一体となって、クリアなお茶の香ばしさと寄り添います。

 

 

紅ほうじ茶 × SAVORY HERBALトリニダード・トバゴ産チョコレート

「え、このお茶ブレンドじゃないんですか?」と驚かれるほど様々な味わいをもつ紅ほうじ茶ですが、「チョコレートと一緒に食べるとレモンティーのようなフレーバーに変わった!」という驚きの声も。

心地よい苦みも楽しいこのペアリング。優等生な組み合わせではないですが、面白い変化のあるペアリングになったと思います。

 

by GEN GEN AN: 紅ほうじ茶は、紅茶、烏龍茶、そしてほうじ茶それぞれの特徴を持っています。森林を感じさせるチョコレートの風合いと交じり合うことで、鼻に抜ける清々しさと、舌の上で感じる上質な苦味が特徴的です。

by Minimal: チョコレートは杉の木やハーブのような印象を持っています。紅ほうじ茶と合わせる事で、植物系の香りが ひらき、鼻に抜けます。また余韻にはチョコレートの持つウィディーで上質な苦味の余韻が心地よく続きます。

 

 

続いて、先程と同じお茶『紅ほうじ茶』に対して、異なるチョコレート「FRUITY CITRIC ボリビア産」をペアリングしていただきました。

 

紅ほうじ茶 × FRUITY CITRIC ボリビア産チョコレート

「発酵感が伸びて、ヨーグルトっぽく感じる」「1つ前のペアリングと同じお茶なのに、チョコレートが違うと香りの印象が全然違う」と驚かれる方も。また、「私はさっきの方が好き」「僕はこっちが好み」と、好みも人によりさまざま。自分の感覚とは違う色々な意見を聞くうちに、自分の好き嫌いの傾向がわかってきたり、「うまく言えなかったけど、私が感じていたのはそれだ!」と発見や気付きを楽しんでいただきました。

 

by GEN GEN AN: 紅茶、烏龍茶、そしてほうじ茶それぞれの特徴を持った紅ほうじ茶の、オリエンタルな味わいが豊かに花開く後に、チョコレートのフルーティーな味わいがより際立ち、印象深く現れます。

by Minimal: チョコレートは柑橘系の香りとキレの良い渋味、そしてヨーグルトのような乳酸系の余韻が特徴です。紅ほうじ茶と合わせる事で、ふくよかな甘味が広がり、チョコレートとお茶のそれぞれの渋味が寄り添って、チョコレートの果実感がより際立ち、幸福感が広がります。

 

 

白茶 × SAVORY FLORALコロンビア産チョコレート

いまあるお互いの商品でのペアリングでは、一番心地よい組み合わせとして提案したこのペアリング。満を持してご提案しましたが、なんとまさかの「無言」の時間が続きました。。一瞬不安になりましたが、嬉しいことに「集中して味わってしまってました」とのこと(笑)

「二つあわせるとお花のような、金木犀のようないい香りが広がる!」「おいしい!」というコメントに、山下も丸若さんも一安心していました。

 

by GEN GEN AN: 白茶は、微発酵茶特有の甘みが特徴で、独自に追求し生まれた透明感が、新しい茶の魅力を表しています。チョコレートと融合すると、心地よい甘みの後に表れる開放的なマリアージュで、私たちの知らない茶の一面を見せてくれます。

by Minimal: チョコレートはマスカットのような余韻、花の蜜のような味わい、カシューナッツのような柔らかな甘味と複雑でたくさんの要素を持っています。白茶と合わせる事で、ふくよかな甘味に包まれて、チョコレート単体では見えなかった新しい風味に出会うことができます。

 

 

ご参加いただいた方からは、「とにかくお茶もチョコレートもおいしかった!」「ペアリングって気難しいイメージだけど、気軽に楽しんでいいんだと分かった」「いろんな人の意見を聞けて楽しかった」と嬉しいご感想をいただきました。

 

丸若さんも、『バンドで言うなら、お茶は「ベース」みたいな感じ。エッジーなMinimalのチョコレートはシャウト系の「ボーカル」だよね(笑)』とペアリングの楽しみを絶妙に(?)例えられていました。

 

 

新茶×チョコレートで更なる挑戦

GEN GEN ANとのコラボイベントは、5月、6月も続きます。5月は旬の獲れたて「新茶」に合わせたペアリングを行います。パワフルな香りをもつ新茶に合わせて、どんなチョコレートとのペアリングをご提供できるか、私たちとしてもとても楽しみです。

 

さらに6月には、コラボ商品をご提供できるように鋭意検討中です。お届けできる日を楽しみに、いろいろな実験をしていきたいと思います。

イベントは、残り各数席ではございますが、まだ空席がございます。ぜひご一緒に新しい体験ができると嬉しく思いますので、ご参加お待ちしております!

 

 

また、今回のイベントにはお越しいただけなかった方のために、Minimalではオンラインショップと富ヶ谷本店にて、セット商品の販売を開始いたします!

 

オンラインショップ限定 ペアリングセット

複数のペアリングをお楽しみいただけるセットのご用意はオンラインショップのみになります。お茶もチョコレートもシーズンで風味の変わる一期一会、そのペアリングもまた一期一会の出会いです。ぜひお試しください。

◼︎お茶2種×チョコレート2種 ペアリングセット

Paring No.1~3をお楽しみいただける各2種類ずつのセットです。

お茶:釜炒り玄米茶 / 紅ほうじ茶

チョコレート:FRUITY CITRIC ボリビア産 / SAVORY HERBALトリニダード・トバゴ産

価格:4,644円(税込)

◼︎お茶3種×チョコレート3種 ペアリングセット

Paring No.1~4のすべてをお楽しみいただける各3種類ずつのセットです。

お茶:釜炒り玄米茶 / 紅ほうじ茶/白茶

チョコレート:FRUITY CITRIC ボリビア産 / SAVORY HERBALトリニダード・トバゴ産 / SAVORY FLORALコロンビア産

価格:7,236円(税込)

 

 

富ヶ谷本店限定 ペアリングセット&カフェメニュー

店舗ではイベントのメニューを富ケ谷本店限定でお楽しみいただけます。

■お茶「 紅ほうじ茶」×チョコレート「FRUITY CITRIC ボリビア産」ペアリングセット

■カフェメニュー「 紅ほうじ茶」+ひとくちチョコレート「FRUITY CITRIC ボリビア産」

 

 

渋谷にあるGEN GEN ANの店頭でも、近日セット商品を販売されるご予定です。店頭では、もっと色々な種類のお茶がありますので、ぜひGEN GEN ANにも、遊びにいってみてください。

 

チョコレートの新しい楽しみ方

← Older Post Newer Post →