Minimal7周年│代表・山下が振り返る、この1年の3つのニュース

2021.12.22 #from Staff

こんにちは、Minimal代表の山下です。

Minimalはおかげさまで12月1日、ブランド創立7周年を迎えることができました。
ここまで支えてくださった皆様にこの場を借りて心より御礼申し上げます。
いつも本当にありがとうございます。

先日はオンラインイベントで7周年記念パーティを催しました。
ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。
皆様の応援があってここまでやってこれました。心から感謝申し上げます。
そして、一緒にブランドを創ってくれているスタッフ・仲間のみんなも本当にありがとうございます。

7周年パーティは毎年スタッフのおしゃべりが長かったりで、タイムコントロールが課題です・・・(苦笑)
昨年は75分オーバーであったのですが、今年は45分オーバーにとどめる事ができました!進化!・・・なのかはわかりませんが、来年は時間内に終わります(申し訳ありません。)
毎年思いますが、イベントでお客様と一緒に楽しめる時間はかけがえのない時間だと実感します。
ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

これからも、もっともっと面白いことを仕掛けていきますので、8年目のMinimalもぜひご期待ください!

さて。7周年を機に、この1年間を個人的に振り返ってみたいと思います。
2021年は、年始に緊急事態宣言が発令され、イレギュラーな状況で先が見えない中での経営判断を求められることが続き、正直しんどい瞬間がいくつもありました。
それでも、コロナ禍によって環境が変化し、Minimalのより本質的な価値をチームみんなで考えるきっかけを得られるなど、よい面もありました。

ここで、私の選ぶMinimal3大ニュースをお届けしたいと思います。

第3位
本社が引っ越しました!

これまで店舗併設の事務所でバックオフィス業務を行なっていたのですが、新たに会議室のあるワンフロアのオフィスに移行し、チーム体制を強化しました。
フリーアドレスのテーブルを囲み、常時10数名ほどの本社スタッフが和気藹々と仕事しています。
場所は代々木公園・代々木八幡駅から徒歩数分で、富ヶ谷本店も代々木上原店も徒歩で行くことができる立地です。内勤スタッフと店舗スタッフが密にコミュニケーションとれるように場所を探しました。
この新オフィスから日々、お客様にとっての本当の価値を考え抜き、ご提供していきます!

第2位
組織が大きくなり、成長途中です!

Minimalには、大きく分けて、製造チーム、開発チーム、店舗サービスチーム、本社チームがあります。本社チームには、物流、カスタマーサポート、EC、広報、経理などのスタッフが在籍しています。
それぞれのチームが現場ごとに創意工夫を発揮し、チーム全体でサービスを強化する体制が整ってきました。
これまでは基本的には、製造、開発、店舗サービスに人を配置しており、後の部分はその他(笑)で括り、僕を含めた経営陣+数名で回していました。しかし、おかげさまでだんだん組織が大きくなり、ものづくりのクオリティを高める部分と、それを届ける部分にも人を配置できるようになってきました。

たとえば、製造チームでは、創業メンバーのエンジニアリングディレクター朝日が半年間の育休を取得し、その期間に5人の頼もしいリーダーが育ってくれました。彼らと各セクションの製造職人が一体となり、プロダクトの根幹を支えてくれています。
特に、製造チーム全員で行う月1回のメンテナンスデーは重要な場になっています。製造ラインを離れ、メンバー全員で当月の振り返りを行います。時には外部研修という形で、お店で美味しい食事をとりながら、食のインプットと勉強を行います。

本社チームでも実績と実力のある新メンバーが多くジョインしてくれました。特にECチームは新体制が発足し、お客様が使いやすいようオンラインストアのサービスもどんどん拡充させています。

店舗チームも各店長のリーダーシップで接客サービスを高めていくPDCAが加速し、ありがたいことに代々木上原店では連日の行列で、賑わいが今も続いています。(お客様をお待たせする時間が長くなっており、そこは本当にすみません。。)店舗チームも月に一回アルバイトスタッフ含めての食事会を実施しながら店舗間を越えて、コミュニケーションが活発になってきています。

まだまだ未熟な部分もありますが、各チームが成長に向けて努力しているのがとても頼もしく思えます!

第1位
商品開発数が増えて、開発できる力が少しずつ上がってきました!

今年のMinimalでは、意欲的な新商品を次々に発表することができました。

●コロナ禍のおうち時間を充実させる「スイーツチャレンジ」
●Minimalの実験精神を追求する「EXPERIMENTALシリーズ」
●店舗のイートイン限定で食べられる「創作チョコレートスイーツ」
●Minimalの新商品や限定スイーツを毎月お届けする「CHOCOLATE ADDICT CLUB」
●シーズンごとにテーマの果実を決めてお届けする「Minimalガトーショコラのシーズン限定」
など

これらの多くは製造チーム、店舗チーム、ECチームからの発案で企画・商品化に至りました。
各チームで今の時代にお客様に提供できる価値を考え尽くした結果であり、チーム力が着実に上がってきた成果でもあると感じています。

この1年を終えて、Minimalは7歳になりました。
人間で言えば、小学校入学ですね。
これからもたくさん学び、皆様にお力添えをいただく機会もきっとたくさんあると思います。
毎日ともだち100人めざして、ますます成長していきます!

おまけで、個人的ないまいちよくなかった出来事も3つ!

第3位

新オフィスのデスク配置が、なんだか「ちゃんとした会社」っぽくてちょっと嫌ですね。もっとこう尖った感じにしたいのですが、こういう私の意見はいつも華麗にスルーされます(笑)

第2位

コロナ対策で免疫力を上げていこう!と社内でヤクルトを飲み放題にしたのですが、みんな気を遣って飲まないかなと思い、常に「ヤクルト飲んだ?」と聞き回ったせいで、どうやら陰で「ヤクルトおじさん」「ガミガミおじさん」と呼ばれてるらしいです。気づいたらすっかり、おじさん・・・な年齢ですね(笑)(ちなみに手洗い・うがいなどの感染対策も徹底し、社内のコロナ感染は抑えられています!)

第1位

これまでは1年のうち数ヶ月は海外のカカオ産地に買い付けに出かけていたのですが、それも難しくなり、各産地の生産者にも直接お会いできていないのが寂しいです。(Zoomではきちんとお話しさせていただいていますが)

 

最後に。
年内の私の一押し商品をご紹介させてください!

代々木上原店限定で取り扱っている「ガトーショコラ ソフト -シュトーレン-」。

これは、個人的にも大好きなシュトーレンを、Minimalのガトーショコラでアレンジしたもので、ようやく商品化に漕ぎ着けられた一品です。ブラジル産カカオが入手できてうまく嵌まったことが決め手になりました。今年のクリスマスにぜひお楽しみいただきたいです。
期間限定・数量限定です。もし売り切れてしまったらごめんなさい!
(富ヶ谷本店・オンラインストアでは販売していません。代々木上原店のお電話でのお取り置きも対応していませんので、何卒ご理解のほどお願いいたします)

もう1つが、富ヶ谷本店の「Minimal Orangette -Morning & Night-」

これはMinimal独自のコンセプトの新しいオランジェットです。
食べるシーンに合わせて、果実の選定とチョコレートの調整をしました。
朝には、国産レモンと爽やかなフルーティのチョコレートを。
夜には、国産ブラッドオレンジとビターでハイカカオなチョコレートを。
気分やシーンで味わいを調整した類を見ないものに仕上がっているので、ぜひお試しください!

Minimalはこの7年を糧に、次のステージに成長できるようにこれからも頑張ります。
今後ともご愛顧のほど、そしてご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

Minimal - Bean to Bar Chocolate -
代表
山下 貴嗣

#from Staff

← Previous
Minimalクリスマスケーキ -2021-の楽しみ方
Next →
予定調和ゼロ、対話が生んだクラフトプロダクト。「生チョコレート -新政Co•••

Our Philosophy

引き算の哲学から生まれた、
新しいチョコレートのおいしさ

余分なものを引き算し、
カカオそれぞれの風味を引き立てる。
素材と真摯に向き合うことで生まれた
新しいチョコレートの体験を。

ABOUT Minimal Chocolate