チョコレートがまろやかな印象に変わる「カカオの熟成」とは

ワインやお肉など、色々な食材でうまみを引き出す製法である「熟成」。
実はカカオ豆も”熟成”をすることで、風味に変化が生まれます。
今月から新発売した「SEASONAL ニカラグア 80%」に使用したカカオは、収穫からおよそ3年ほど経った”熟成”カカオ豆を使用しています。
ニカラグア産カカオ豆は、Bean to Barファンに人気のフローラル系の希少なフレーバーが特徴ですが、収穫してすぐは苦みや渋みが強い特徴がありました。そのため私たちの、カカオ豆そのままの香りを引き出すフレッシュな独自製法では少し難しいチョコレートに仕上がっていました。

今回カカオ豆が熟成したことで渋味がやわらなくなり、まろやかな印象に変化しました。また、強い渋味で気づきにくかった複雑で華やかな風味が表に出て鮮明に感じられるようになりました。
まだ実験段階ですが、今回のような熟成でカカオが植物であることや、まだまだ風味の切り取り方の可能性があることを改めて感じていただくことが出来ると思います。

「早飲みタイプのワイン」「熟成タイプのワイン」のように「フレッシュタイプのカカオ」「熟成タイプのカカオ」という製法も積み上がっていくと、また新しいチョコレートがお届けできるかと思います。

今回のニカラグア豆のチョコレートはフローラル系タブレットの入門編とも言える貴重なチョコレートです。Bean to Bar で希少とされるフローラル系のチョコレートを楽しみたい方は、この機会にぜひご賞味ください。


「SEASONAL ニカラグア 80%」は数量限定、なくなり次第終了となります。ぜひBean to Barの奥深い世界に足を踏み入れていただけますと嬉しく思います。

オンラインショップでは、「SEASONAL ニカラグア 80%」と木香や花の香りのような風味をもつカカオでお作りしている「SAVORY」と「’Arhuaco」との3枚セットをご用意しました。
「SAVORY」はハーブやミントのような爽やかな味わいで、「’Arhuaco」は白ブドウや白い花の印象があり、風味は全く異なりますが、Minimalのチョコレートの中では森林や甘い花を思わせる同じカテゴリーのフレーバーです。

木香や花の香りのキャラクターがでるカカオ豆は希少なので、「SAVORY」や「’Arhuaco」がお好きな方には、今回のSEASONALもきっとお好みいただけると思います。3種類を食べ比べて、もう一段深いお好み探しをお楽しみください。



「SEASONAL ニカラグア 80%」

清々しいハーブのような風味
マリーゴールドのような香りとプラムのような心地よい渋味

カカオ濃度:80%
発売日:11/1~無くなり次第終了
販売価格:1,400円(税抜)
販売店舗:全店舗、オンラインショップ




カカオ豆・産地 コラム・レポート 商品・開発秘話

← Older Post Newer Post →