『カカオ×チリ×ビール』を味わい尽くすワークショップをMinimal×T.Y.HARBORで開催しました

秋の新作コラボレーションビールは「チリビール」

チョコレートの新しい楽しみ方を提案するイベント「Minimal's Table」。

7月からの3ヶ月間は、東京・天王洲のクラフトビールブランド「T.Y.HARBOR」さんとのコラボレーションで開催しています。

7月は、カカオの果実部分「カカオパルプ」を使ったフルーティーで甘酸っぱいサワーエール「Cacao Sour Ale」を開発。夏にゴクゴク飲める爽やかなビールをお作りしました。 

そして現在、秋に向けて新しいコラボレーションビール『チリビール』を開発中です!

「カカオ×ビール」に、「チリ」を加えたピリッとした辛みが特徴のビールです。  

8月末に開催した「チリビール」開発に向けたワークショップイベントでは、様々な辛さのチリビールを飲み比べる実験や組み合わせの実験をしただけではなく、Minimal初となるカカオを使った料理の提供など文字通り盛りだくさんのイベントとなりました。

 

チリビールとは何なのか、南米メキシコにある「カカオ×ビール×チリ」に共通するストーリーとは何なのか、お伝えできればと思います。

 
カカオにもビールにも使われる南米素材「チリ」

「チリ」は実は「カカオ」にも「ビール」にも使われる共通性のある素材です。

①「ビール×チリ=チリビール」

チリビールとは、その名の通りビールにそのままチリが漬け込まれているビールです。

今回ご用意した市販の「チリビール(日本ビール)」は、1本の瓶の中にチリが丸々1本入っているもの。

「チリビール」は、南米メキシコで生産されているビールです。

イベントでは、まずこの「チリビール」をお出ししました。今回のイベントでご用意するために都内ビール取扱店を探し回って見つけましたが、ご参加者の皆さんも飲んだことがない方がほとんどでした。

驚きや物珍しさがありましたが、ピリッとした辛さが特徴の「チリ」と苦みの効いた「ビール」には、クセになるという声も聞かれ、風味の相性の良さが感じられます。

 

②「カカオ×チリ=ショコラトル」

「カカオ」と「チリ」には、深い歴史があります。

カカオは、マヤ文明の時代よりもっと前からメキシコ南部やアメリカなどの地域で栽培されていたと言われていますが、今のチョコレートの形でカカオが楽しまれるのはもっとずっと後のことです。

中南米からヨーロッパにカカオが渡るまで、中南米ではカカオをすり潰したものに”とうもろこし”や”チリ”のなどのスパイスを入れ、水で溶いて「ショコラトル」と呼ばれる飲み物にして飲まれていました。 

紀元前1500年のオルメカ文明でカカオの消費が確認をされているので、ひょっとしたら3500年も前から「カカオ」と「チリ」は一緒に飲まれていたかもしれません。

(写真提供:CACAO HUNTERS)

 

当時、カカオは貨幣としても扱われていて、国王や王族しか飲むことのできないとても希少なものだったと言います。

その後もショコラトルは薬として使われたり、戦闘時の強壮剤や疲れが取れる秘薬として体力回復にも使われていたそうです。

イベントでは、このようなカカオの歴史をお話ししながら、ショコラトルをMinimal流に再現したドリンクを特別にご用意。

当時の南米に想いを馳せながらお楽しみいただきました。

何千年も前から愛されていた「カカオ」×「チリ」の組み合わせは、商品化してほしいと嬉しいご感想をいただくほど、現代でも大人気でした。

 

③「カカオ×チリ=モレソース」

メキシコの伝統料理に「モレ」というソースがあります。

このソースは、チリやトマト、スパイス、そしてチョコレートで作る濃厚でコクのあるスパイシーなソースで、メキシコのローカルフードです。 この「モレ」は今でもメキシコで愛されている料理で、ここからも「カカオ」×「チリ」の相性の良さが伺えます。 とはいえ、日本ではあまり馴染みがなく、提供している店も多くはありません。

今回はぜひ現地で愛される「カカオ」×「チリ」の組み合わせをどうしてもご賞味いただきたかったので、今回限りのMinimal特製「モレソース」を開発してしまいました。

様々なカカオやスパイスを使って試作をしたのですが、カカオの種類とスパイスのバランスが異なる2種類をご提供しました。 パンやチップスなどにモレをたっぷりと乗せたり、Minimal史上初となる自家製「チキン」を焼いてご提供。

T.Y.HARBORさんからは、このモレ料理に合わせたおすすめの「アンバーエール」や「IPA」をお代わり自由でご提供いただき、最終的には南米料理を囲んでビールを美味しくいただく会となりました。

「モレ」はぜひ買えるように商品化してほしい、レシピが知りたい、とご参加者さまにも大変ご好評いただきMinimalスタッフやT.Y.HARBOR阿部さんも、切望するほどでしたのでちょっと考えてみたいと思います。。

 

3素材「カカオ×ビール×チリ」でビール開発ワークショップ

他にもワークショップでは、「チリを浸けこんだビール」と「カカオニブ」、生の「チリ」をご用意し、「カカオ×ビール×チリ」のベストバランスを探りました。

ビールは、ベースのビールに考えている”アンバーエール”に、”チリ1本”を漬け込んだバージョンと、”チリ4本”を漬け込んだバージョンの辛さの違う2種類のビールをご用意しました。

辛さの異なるビールをベストバランスに配合させたり、カカオニブをビールに漬けてみたり、チリをそのまま食べみたり!と、実験的ワークショップをお楽しみいただきました!

「最初はピリッとした味わいに驚いたけど、飲み続けるとクセになってくる。チリ多めの辛めが好み」「カカオニブと一緒に口にするとさらに深みが広がって面白い」「ニブとチリ両方の生っぽさが気になる」など、皆様のご意見もお聞きすることができ、大盛り上がりのワークショップとなりました。

「初めてチリビールを飲んだけど、早く完成したチリビールが飲みたい」と言ってくださる方も多く、次回イベントではこの新作コラボレーションビール「チリビール」をお披露目します!

 

次回9/28のイベントで完成したての「チリビール」が飲める!

T.Y.HARBORさんとのコラボレーションイベントの集大成となる最終回が、9/28(金)に開催決定しました。

ここでは、どこよりも早く秋の新作コラボレーションビール「チリビール」をご賞味いただけます。 T.Y.HARBOR ブルーマスターの阿部さんもお呼びして、開発へのこだわりのお話しなどをお聞きしながら、たっぷりとビールをお楽しみいただけます。

既に、T.Y.HARBORのレストランでは完売している今夏の新作ビール「Cacao Sour Ale」や、今回とてもご好評をいただいた南米料理もまた登場するかもしれません!

10名という少ない定員数となりますので、ご興味のある方はお早めにご予約いただければと思います。

ぜひ皆さんでサルー(乾杯)しましょう!

 

■日時:9/28 19:30-21:00

■場所:Minimal 富ヶ谷本店

■参加費:3,000円(税別)

Cacao Sour Ale

T.Y.HARBORビール3種(ペールエール・ウィートエール・インペリアルスタウト)

Minimalチョコレート3種

T.Y.HARBORスモークナッツ

Minimalベイクドチョコレート

Minimalカカオニブスナック など

ワークショップ用チリビール&カカオニブ 

特製ホットショコラトル モレ(チョコレートとチリを使ったスパイスのソース)

チキン、バケット、チップス

Cacao Sour Ale

T.Y.HARBORビール2種(アンバーエール&IPA)

Minimalチョコレート3種  など

チョコレートの新しい楽しみ方

← Older Post Newer Post →