ABOUT

Minimal -Bean to Bar Chocolate- について

Minimal -Bean to Bar Chocolate-(ミニマル-ビーントゥバーチョコレート)は、
世界中のカカオ農園に直接足を運び、品質の良いカカオ豆を選び仕入れ、
自社工房でカカオ豆から板チョコレートができるまでの全工程(選別・焙煎・摩砕・調合・成形)を管理し、
製造する“Bean to Bar Chocolate”専門店です。

カカオ豆の個性を活かし、カカオ豆本来の味わいや香りの表現に徹底的にこだわっています。
私達のチョコレートで、皆様の生活に”新しい彩り”を加えたい。そんな思いでチョコレートを製造しています。
できたての香り豊かな“Bean to Bar Chocolate”をお楽しみください。


Minimal -Bean to Bar Chocolate-(ミニマル-ビーントゥバーチョコレート)は、
世界中のカカオ農園に直接足を運び、品質の良いカカオ豆を選び仕入れ、
自社工房でカカオ豆から板チョコレートができるまでの全工程(選別・焙煎・摩砕・調合・成形)を管理し、
製造する“Bean to Bar Chocolate”専門店です。

カカオ豆の個性を活かし、カカオ豆本来の味わいや香りの表現に徹底的にこだわっています。
私達のチョコレートで、皆様の生活に”新しい彩り”を加えたい。そんな思いでチョコレートを製造しています。
できたての香り豊かな“Bean to Bar Chocolate”をお楽しみください。

BRAND NAME

ブランド名について

最小限でつくるチョコレート
Minimalは、チョコレートの製法をゼロから見直します。
添加物による足し算の味ではなく、最小限の素材だけでつくる「引き算」の製法を採用。
素材の味を最大限に活かした美味しいチョコレートを追求しています。
チョコレートの最小限であるカカオにこだわるという思いを込めて、
「最小限」を意味する英語「Minimal」をブランド名としました。

LOGO MARK

ロゴマークについて


「Bean to Bar」をデザインしたロゴ
Minimalのロゴは、●がBean(カカオ豆)、■がBar(板チョコレート)を表しています。 その「BeanからBarへ」という流れを並列で見せることで、「Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー)」というコンセプトを表現しています。また、3本の線は「カカオ産地の生産者」「作り手のMinimal」「共に楽しむお客様」を表しています。

CONCEPT MOVIE

コンセプトムービー

VALUE

提供価値

AWARD

受賞

世界最優秀のチョコレートを決める世界大会のアメリカ・アジア太平洋予選「インターナショナル チョコレートアワード アメリカ&アジア太平洋大会2016」でMinimalのBean to Barチョコレートが出品部門において最高賞の「ゴールド(金賞)」を含む3つの賞を受賞しました。

GOLD(金賞)受賞
FRUITY BERRY‐LIKE(ベトナム産) "ブラックベリーのような爽やかな風味"

BRONZE(銅賞)受賞
FRUITY CITRIC(ボリビア産) "マーマレードのような風味"

BRONZE(銅賞)受賞
FRUITY BERRY‐LIKE(コロンビア・アルワコ産) "白ブドウのような風味"

インターナショナルチョコレートアワードについて
「インターナショナルチョコレートアワード」は、2012年から開催されている、国際的なチョコレートの品評会です。「アメリカ&アジア太平洋」「ヨーロッパ」など10カ所のエリア大会と、そこで高評価を得た商品が集う「世界大会」が開催されています。世界30カ国以上から、100を超える商品の出品があり、「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」にランク付けされます。