Chocolate News

原料は「カカオ豆」と「砂糖」のみ。

余計なものを入れない「引き算」チョコレート。
設立わずか3年でなぜ国際品評会で金賞を受賞できたのか
※一部カカオバターが含まれる商品あり

原料は「カカオ豆」と「砂糖」のみ。

余計なものを入れない「引き算」チョコレート。
設立わずか3年でなぜ国際品評会で金賞を受賞できたのか
※一部カカオバターが含まれる商品あり

「原料は、カカオ豆と砂糖だけなんです。」

シンプルな素材でありながら、設立3年でチョコレートの世界大会「International Chocolate Awards」で日本ブランド初の部門別金賞※1を受賞する快挙を達成。

※1 International Chocolate Awards Plain/origin bars部門での金賞

その後も、2016年から2021年まで、6年連続でなんと「69」もの賞を受賞している。

カカオ豆と真摯に向き合い、素材で勝負し続ける職人たちがいる。

「余計なものを一切いれず、チョコレートの “最小限” であるカカオ豆を最大限に表現する。」

そんな想いから名付けられたチョコレートブランド
「Minimal - Bean to Bar Chocolate - 」(以下ミニマル)だ。

雑誌やTVなど数々のメディアにも取り上げられ、
店舗には多い時には2時間ほど待つ行列が出来るほど、連日お客さんで賑わいを見せる。

設立間もないチョコレートベンチャー企業は、あっという間に注目のブランドとなった。

実際に食べた人からは

「毎回カカオの味わいの違いに驚いています!!!」
「噛んだ時に今まで体験したことのないザクザクとした感じで、とても軽くて感動しました。」
「自分にとって大切な人たち、特にチョコレート好きの方々へのプレゼントは、
Minimal のチョコレート以外に考えられない」

などの声も数多く集まっている。

なぜここまで多くの賞を受賞し、多くの人から愛されているのか?

「より良いモノづくり」を追及するミニマル代表の山下さんに、
そのこだわりについて伺った。

▼山下さん
「ミニマルのこだわりは大きく「製造体制」と「カカオ豆への向き合い方」の2点あります。

これまでのチョコレート業界における製造システムは “分業制” が一般的でした。

カカオ豆を各国で買い付けて、
チョコレートに加工する『一次加工メーカー』

それを買い付けて、お菓子にする『二次加工メーカー』

いわゆるパティシエや製菓会社などですね。

一方、ミニマルのチョコレートは、

『カカオ豆の仕入れ』から『板チョコレート製造』まで自社で一貫して管理・製造する
『Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー)というスタイルで作っています。」

▼山下さん
「全てを一貫して自社で行うことによって、それぞれの工程で細かい調整ができるようになり、

カカオ豆本来の “味わい” と “香り” が際立ったチョコレート
つくることができるようになったんです。

土地の性質や気候、農園の皆さんのキャラクターといった個性を、
ダイレクトに表現できるのが、Bean to Barの大きな特徴なんです。」

ミニマルでは代表の山下さん自ら、調達のために世界中の農園に直接足を運び、
“良質なカカオ” を見極めるところから始まる。

1年のうち実に4ヶ月ほど、調達に時間を費やす。

ここまでのこだわりは、世界中のBean to Bar Chocolate業者の中でもめずらしいことだ。

そこから、仕入れたカカオ豆の個性の解析を行う。

▼山下さん
『カカオ感』『酸味』『甘み』などの味わいと香りの特徴を39項目に分類。

それぞれのカカオ豆の特性を把握することで、
一つ一つの豆ごとに合った独自レシピの製造方法を開発しているんです。」

▼山下さん
「素材の個性を活かすことは、『日本食』の考え方に通じています。

『製造方法に素材を合わせる』のではなく、『素材の特性に応じて製造方法を変える』

市販のチョコレートのほとんどが様々な味付けを『足し算』で加えています。

カカオ豆に『油分』『ミルク』『香料』などを足していくことで、
美味しさを創造しているんです。

その一方、ミニマルはカカオ豆の香りや個性を最大限に表現するために、
独自の製法でチョコレートを製造しています。

味や香りを足すのではなく、『引き算』をすることで、素材であるカカオ豆が本来もっている芳醇な香りやみずみずしい味わいを最大限に引き出しているんです。」

カカオ豆の風味を最大限に引き出すため、自社工房では、
カカオ濃度を1%単位で、焙煎を1分1度単位で細かく管理する徹底ぶり。

▼山下さん
「カカオ豆の『煎り方』『挽き方』、わずかな『分量のバランス』など、

素材に合わせて、レシピや火加減を変え、
そのカカオ豆が最もポテンシャルを発揮する製造方法を見つけます。

この細かい調整によって、フルーツの種であるカカオ豆本来の果実味個性的な香りが、
チョコレートに宿るんです。

そんな “素材の個性” を活かしてつくるのが、ミニマルならではのチョコレートですね。」

ミニマルは素材そのものに徹底的にこだわり、余計なものを入れない「引き算」のチョコレートを創り出すことで、設立わずか数年で数々の高い評価を世界から得た。

素材の持ち味が表現されたミニマルのチョコレートは、ザクザクとしたカカオ豆の食感
スッと身体に染み入るようなカカオ豆本来のフレーバーが特徴。

パッケージを開けた瞬間に香りが広がり、食べ進めると、

まるで「柑橘」「ドライミント」「ローストナッツ」のような、
それぞれの板チョコレートならではの個性的な味わいを発見することができる。

余分なものが一切入っていないため、カカオ豆の美味しさが引き立ち、
食べ心地が良く、食べた後の重さも残らない。

なかでも一番人気のチョコレートは「’Arhuaco(アルアコ)だ。

アルアコ族が栽培している希少なカカオ豆のみを使用し、「International Chocolate Awards」の2017年と2019年に金賞※2を受賞した特別な1枚である。

※2 Plain/origin bars部門の Rough groundにて

口にした瞬間、すぐに他のチョコレートと一線を画すことがわかる。

カカオ豆の特徴をそのまま残した “ザクザクとした食感” と、
マスカットやリンゴのような “フルーティさ” を感じる味わい。

中盤はカカオ豆がもつ良質な油分からくる “柔らかくて優しい甘味” が口いっぱいに広がる。

そして最後に、爽やかでフローラルな香りが駆けていくような変化を感じる贅沢な体験。

そして、チョコレートとは思えない余韻の軽やかさで、
いつまでも食べていたい衝動にかられる。

この感動的な風味を「カカオ豆」「砂糖」のみで表現していることが本当に信じられない。

コーヒーはもちろん、ダージリンティーとも相性がよく、
果実や花の香味がより明確に、より長く楽しむことができる。

アルアコ以外にも、

ナッツのような甘くコク深い味わいの「NUTTY(ナッティ)

カカオと砂糖のみで表現したマーマレードのような風味の「FRUITY(フルーティ)

など、個性豊かなミニマルの板チョコレートは、
季節限定のものを含め全部で7種類揃える。

それぞれの板チョコレートをどれも味わってみたくなってしまう…。

そんな想いに応えるため、
ついに今回ミニマルのチョコレート7種類すべてを試せる新たなセットが登場した。

それが、「全種食べ比べセット -7DAYS CHOCOLATE-(14枚入)」

「カカオ豆の違い」「カカオ比率の違い」「挽き方の違い」などの
細かい調整によって仕上げた個性豊かなミニマルのチョコレート。

そのチョコレートを14日間に渡って楽しみながら
「食べ比べ体験ができる」と人気を集めている。

曜日ごとの気分に応じて、最適なチョコレートをミニマルが提案する仕掛けだ。

例えば月曜は、これから始まる1週間に備え、
キリッとした芳ばしさを感じる「NUTTY(ナッティ)

週の半ばの水曜は、旬の風味でアクセントをつける「SEASONAL(シーズナル)」。

1週間がんばり抜いた週末には贅沢な味わいでゆったりと過ごせる「’Arhuaco(アルアコ)など、それぞれの曜日に適した7種類のチョコレートを提供する。

1日1枚ずつ特徴の異なる味わいを楽しむことで、
最終的には自分のお気に入りの板チョコレートを見つけることも出来るのだ。

洗練されたパッケージデザインは、インテリアのように部屋に置いても馴染みやすく、
チョコレートが日々の暮らしにちょっとした “彩り” を与えてくれる。

そんな7種類のチョコレートを味わえる「全種食べ比べセット -7DAYS CHOCOLATE-(14枚入)」の価格は、2,980円(税込)

より多くの人にこの “新しいチョコレート” を楽しんでもらいたいという想いから、
こちらのセットが誕生した。

カカオと砂糖だけで作られる「味わいの違い」を感じてもらうのはもちろんのこと、

世界から認められているミニマルのチョコレートに浸る14日間を通じて、
ぜひお気に入りのチョコレートを見つけてみてはいかがだろうか。

▼詳細はこちら

詳細はこちら!
詳細はこちら!

実はミニマルの板チョコレートは、 “形” にも秘密がある。

その特徴的なデザインから、グッドデザイン賞も受賞するなど、ユニークな形状が話題だ。

「 “美味しい” と “新しい” という豊かな食体験を届けたい」

という想いのもと、味だけでなく、チョコレートの “新しい楽しみ方” を提案する。

例えば、長い棒状の部分はザクザクかじる、一口サイズの部分は口の中で溶かして楽しむなど、
1枚のチョコレートでも様々な舌触りの違いを感じることができる。

自分の好みに合わせて、「砕き方」「大きさ」「厚さ」「表面のテクスチャー」
「口の中の香り」「味わい」の様々な変化を楽しむことができるのだ。

「もっと自由に」「もっと美味しく」「もっと新しく」

そんな新たなチョコレートの楽しみ方を提案するミニマル。

この機会にぜひ、味わってみてはいかがだろうか。

詳細はこちら!
株式会社βace
所在地
東京都渋谷区富ヶ谷2-1-9
お問い合わせ先
特定商取引に関する法律に基づく表示
個人情報保護ポリシー