Chocolate News

国際品評会で金賞受賞したブランドがお届け

“カカオ豆” を食べ比べる、
チョコレートの新しい「味覚体験」が話題

国際品評会で金賞受賞したブランドがお届け

“カカオ豆” を食べ比べる、チョコレートの新しい「味覚体験」が話題

「カカオ豆と製法による味わいの違いを、食べ比べてもらいたい」

そんな、想いから生まれた「チョコレートサンドクッキー」がある。

そのブランドは、シンプルな素材でありながら、

設立わずか3年でチョコレートの国際品評会で
日本ブランド初の部門別金賞※1を受賞する快挙を達成。

※1 International Chocolate Awards Plain/origin bars部門での金賞

その後も、2016年から2021年まで、6年連続でなんと「69」もの賞を受賞している。

雑誌やTVなど数々のメディアにも取り上げられ、
店舗には多い時には2時間ほど待つ行列が出来るほど、連日お客さんで賑わいを見せる。

設立間もない「チョコレートベンチャー企業」は、あっという間に注目のブランドとなった。

「余計なものを一切いれず、チョコレートの “最小限” であるカカオ豆を最大限に表現する。」

そんな想いから名付けられたチョコレートブランド
「Minimal - Bean to Bar Chocolate - 」
(以下ミニマル)だ。

そんなミニマルがつくる魅惑のスイーツが、4種類の「チョコレートサンドクッキー」

カカオ豆の「味わいの違い」を食べ比べることができる、
“ミニマルならではの希少な体験” が高い支持を集めている。

香料などは使用せず、産地や種類の異なるカカオ豆から引き出した、
個性豊かなフレーバーを堪能できる。

果実のような酸味の「FRUITY(フルーティー)シリーズ」
ナッツのような香りが魅力の「NUTTY(ナッティー)シリーズ」

の2系統4種類のフレーバーのセット。

4種それぞれ香り・食感・味わいが全く異なり、美味しさはもちろん、
食べ比べることで “その違い” を楽しむことが出来る。

※2 International Chocolate Awards World-Final 2019 Micro-batch-Plain/origin dark chocolate bars 部門
Rough ground 金賞

そんな魅惑の「チョコレートサンドクッキー」をつくる、ミニマルのチョコレートは、

カカオ豆の仕入れからチョコレートができるまでの全工程に携わり、自社工房で一貫して管理・製造する「Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー)というスタイルでつくられている。

実は、これまでのチョコレート業界における製造システムは “分業制” が一般的だったという。

カカオ豆を各国で仕入れ、
チョコレートに加工する「一次加工メーカー」

それを買い付けて、お菓子の形に変えるのが、
パティシエや製菓会社などの「二次加工メーカー」

これに対し、すべてを自社で一貫して管理・製造するのが、
「Bean to Bar」のスタイル。

「カカオ豆の仕入れ」から「チョコレート製造」まで、
一貫して自社で行うことによって、それぞれの工程で細かい調整ができるようになり、

カカオ豆本来の “味わい” “香り” が際立ったチョコレートを
つくることができるようになる。

土地の性質や気候、農園の皆さんのキャラクターといった個性を、
ダイレクトに表現できるのが、Bean to Barの大きな特徴なのだ。

ミニマルでは代表の山下さん自ら、調達のために世界中の農園に直接足を運び、
“良質なカカオ” を見極めるところから始まる。

1年のうち実に4ヶ月ほど、調達に時間を費やす。

ここまでのこだわりは、世界中のBean to Bar Chocolate業者の中でもめずらしいことだ。

ただ、Bean to Barというと、板チョコレートのイメージが強く、
「マニアックなもの」「少し敷居が高い」という印象が強く持たれているのが現状…

そこで、「お菓子として気軽にBean to Barを楽しんでいただきたい」と考え、

老若男女問わず人気の組み合わせである、
チョコレートとクッキーを合わせた商品を販売することになった。

それが、4種類の「チョコレートサンドクッキー」だ。

中身のチョコレートは、
ミニマルならではの “素材を活かしたチョコレート” を使用。

カカオ豆による個性の違いを堪能していただくため、
製法にはこだわりがあるという。

実は、同じ産地のカカオ豆でも、製法によって、味わい・香りが変わるのだとか。

この4種類の中だと、「SWEET(スイート)「BITTER(ビター)は同じガーナ産のカカオ豆を
使用してつくられているが、製法の違いによって味わいの違いを感じられるという。

「SWEET」は、カカオ63%の「浅煎り・細挽き」で甘味スパイス感を引き出し、
「BITTER」は、カカオ80%の「深煎り・粗挽き」でローストナッツ感を引き出している。

素材のフレッシュな風味を活かすため、手作業で粒度を調整

粒度が変わるたび刻一刻と風味が変化するため、
五感をフルに活かしてつくられている。

さらに、カカオ豆の産地が違えば、もっと味わい・香りに違いが出てくるという。

そんなカカオ豆による味わいの違いをより堪能していただくために、
ミニマルでは3つの「食べ比べ方法」を提案している。

①風味の違いで「驚き」を楽しむ
フルーティー系とナッツ系の異なるフレーバーを交互に食べることで、
味覚の「驚き」を楽しむことができる。

②まとめて「酸味」を楽しむ
フルーティーな風味のフレーバーをまとめて食べ比べることで、
ミニマルの特徴である「酸味」を楽しむことができる。

③順番に食べて「甘味」を楽しむ
カカオ濃度の低い順に食べることで、「甘味」の違いを楽しむことができる。

さらに、こだわりのクッキーが、
チョコレートの味わいを引き立てている。

クッキー生地は1mm単位で調整し、
1粒でも満足感あるクッキーに仕上げている。

一般的なものと違い、ミニマルらしいチョコレートサンドクッキーを目指して、
チョコレートとクッキーの食感や味わいのバランスを追求している。

「引き算」の考えで作られるミニマルの香り高く濃厚なチョコレートをガナッシュ状にし、
さっくりとした食感のビタークッキーでサンド。

「チョコレート」「ビタークッキー」の2種類の食感が織りなす絶妙なハーモニーが、
人気を集めているのだ。

そんな4種類の「チョコレートサンドクッキー」は、
フレーバーごとの「個箱」に分かれて包装されている。

自分用の「食べ比べ」セットとしてはもちろん、
贈り物としても人気を集めている。

高級感のあるパッケージで、気の利いたギフトや手土産にも最適だ。

また、各箱の中身も1粒ずつ個包装になっているため、
手を汚さずに、お皿やナイフがなくても食べることができる。

毎年、バレンタインやホワイトデーの時期には注文が殺到し、
早々に売り切れてしまうこともある人気商品だ。

実際に購入した方からも喜びの声が届いている。

そんな「チョコレートサンドクッキー」は、1箱セットに4種類「8粒」入っており、

1箱セット(8粒) :1,944円(税込)
4箱セット(32粒):7,776円(税込)

“2パターン” のセットを用意している。

通常は送料(950円※+税込)がかかるが、より多くの人に味わってもらいたいという想いから、
なんと、4箱セットは「送料無料」

※沖縄への送料:1,500円+税込

ちょっとした手土産として「1箱セット」を買うのも良し、
大人数に配る用として「4箱セット」を買うのも良し。

用途に合わせて選ぶことができる。

賞味期限も発送日から「19日」以上持つため、
早めに購入しておくこともできる。

大切な人へのギフトや、もちろん自分へのご褒美としても、
「チョコレートサンドクッキー」をぜひご賞味いただきたい。

1箱セットはこちら!
1箱セットはこちら!
4箱セットはこちら!
4箱セットはこちら!