JOURNAL

ジャーナル

ソムリエから学んだ顧客体験をつくるパッケージ。グッドデザイン特別賞受賞の”おいしくする”デザイン。

コラム・レポート

November 03, 2017

商品パッケージは、“ソムリエ”。

 

パッケージデザインの役割は何でしょうか?

 

つい手に取りたくなるデザイン、商品の特徴がわかるデザイン、ブランドの世界観が伝わるデザイン、とにかく目立つデザインなど、様々な役割があると思います。 パッケージは、作り手が何を大事にしているかが表現されるブランドの顔と言えます。

 

Minimalのパッケージは「お客様との会話」を役割としています。 コンセプトは「ソムリエ」です。

 

ソムリエは、お客様の好みに合わせたワインをサーブするだけでなく、ブドウのこと、産地のこと、農家さんのこと、収穫年のこと、ワインの歴史のこと、ペアリングのことなど、奥深いストーリーを伝えてくれることで、同じ1本のワインであってもただ飲むだけではない、「ワインを楽しむおいしい体験」を提供してくれます。

 

私たちがパッケージに託したのは、ワインにも負けず劣らず魅力的なチョコレートのストーリーを、ソムリエと会話するように体験してもらえるデザインでした。

 

チョコレートは、「嗜好品」。

 

Minimalは「チョコレートを新しくする」というビジョンを掲げて創業しました。 チョコレートを通じて「素材を楽しむ新しい食文化」を築きたいと考えています。

 

Minimalは、カカオと砂糖だけでチョコレートをつくっています。 香料を一切使っていないので、カカオの産地が違うだけで風味がまったく異なることに気づいていただけると思います。

ナッツのようなまろやかなチョコレート、酸味の強いベリーのようなチョコレート。 多様で風味豊かな個性に出会えるたびに、私たちもおおきな喜びを感じています。 そうした違いを生んでいるのは、品種やテロワール(自然環境)、発酵の手法や作り手のポリシーなど、ワインとまったく変わらない諸条件の掛け合わせです。

お菓子や、ショコラティエの高級品として定着しているチョコレートですが、じつはこうしたバックグラウンドをていねいに掘り下げていくと、ワインと同等の「嗜好品」としての側面に気付いていただけると思います。

 

ソムリエが1本のワインの体験を豊かにしてくれるストーリーテラーであるように、私たちもお店では産地のことやおいしいペアリングのことなど、チョコレートにまつわる物語をお話しさせていただいています。

 

そして、ご自宅で食べる時にもお店と同じように1枚のチョコレートをより楽しんでいただきたいと思い、お客様との会話をイメージしたパッケージをデザインしました。

 

コミュニケーションするデザイン。

 

Minimalのパッケージには、カラフルな「レシピカード」を挟み込んでいます。 このカードには、カカオ豆の情報や、レシピ、風味の特徴などを記しています。

カードを読んでいただくことで、「ベトナムのカカオってベリーみたいな味わいがするんだ」「ボリビアでカカオが採れるんだ」「カカオにも品種があるんだ」「ローストの温度が10℃違うだけで確かに味わいの印象が違うな」など、今までのチョコレートでは気にもしなかったような新しい発見をしていただけると思います。

多様な風味の中からお好みのチョコレートを探してもらえるように、独自のフレーバーホイールをつくりました。 風味ごとに分類をしているので、似た風味や全く違う風味がひと目でわかりやすく、食べた銘柄を参考にしながら、他の銘柄を選んでいただくのに役立ちます。

また、板チョコレートの形も、オリジナルデザインで変わった形をしています。 気分やシーンに合わせて大きさを変えて割れるため、たとえば朝の目覚めには大きな欠片をかじったり、お酒のおつまみにするときは小さい欠片を少しずつチビチビと味わったりと、食べ方を自由に楽しむことができます。

 

パッケージを手に取ってから、中身を開け、レシピカードを見ながらチョコレートを味わうというすべての時間に、ソムリエが横にいるようにMinimalのパッケージを通して新しいチョコレート体験を楽しんでいただけると嬉しいです。

 

グッドデザイン賞「特別賞」を受賞。

 

2017年 11月1日。 Minimalの活動とデザインが、日本最大のプロダクトデザイン賞「グッドデザイン賞」においてベスト100と特別賞[ものづくり]をいただくことができました。

審査対象数4,495件から特別賞(25件)に選出されたことに加え、著名な建築家やデザイナーさんの自動車や電化製品、まちづくりといったプロジェクトと一緒に、私たちチョコレートブランドが評価いただけたことをとても嬉しく思います。

新しいチョコレートの体験をお届けするため、世界中をまわって高品質なカカオ豆を仕入れ、産地で農家さんとカカオの品質向上のプロジェクトを行い、独自に開発した製法でチョコレートを丁寧に手づくりしてきました。 その取り組みと、ソムリエをコンセプトにしてストーリーをデザインしたパッケージが高く評価されたことは大変励みになりました。

 

審査員の評価コメント この商品には、パッケージデザインだけでは語りきれない素晴らしい背景がある。カカオ農家との関係性の改善など、社会問題を含んだ課題を解決しようという取り組みである。チョコレートのパッケージは歴史が古くデザインの作法が確立している中、この商品のデザインはさらりとしていてどちらかというと、サンプルのような佇まいである。その佇まいが「チョコレートを新しくする」というミッションを体現しているようで清々しい印象。特筆するべきは、大きさの違う立体的なカットが独特で、新しいチョコレート体験を期待させる。

グッドデザイン賞2017の詳細はこちら。

 

これからも、新しいチョコレート体験をお届けできるよう精進していきます。 ぜひ、グッドデザイン賞2017特別賞を受賞したMinimalのパッケージデザインを実際にお手に取っていただき、新しいチョコレートのコミュニケーションを体験してみてください。 オンラインショップで、この秋の新作もお取り扱いしています。

 

SHARE

CATEGORY

Beanカカオ豆・産地

to製造プロセス・製法

Bar商品・開発秘話

Life with Chocolateチョコレートの新しい楽しみ方

Trend・Dailyコラム・レポート