JOURNAL

ジャーナル

ホイップバターとスパイスが香る「チョコレート・フレンチトースト」。(11月限定)

商品・開発秘話

October 30, 2017

秋にぴったりな温かいフレンチトースト。

 

街の空気や夕暮れの陽射しに、秋の深まりが実感できる季節になりました。
毎月ご好評をいただいている富ヶ谷本店の月替り限定スイーツは、旬の食材を取り入れて深まる秋を楽しめる自家製フレンチトーストをご用意しました。

 

フレンチトーストは今やパンケーキと並んで、カフェのモーニングでも人気のメニューですね。
フルーツやアイスクリームなどのトッピングが盛りだくさんで、SNS映えもする心踊る一品です。

 

Minimalでは今回、濃厚なチョコレートソースに一晩浸し、しっとり&もっちりのフレンチトーストをご用意しました。
ここまでチョコレートをたっぷりと味わえるフレンチトーストは、かなり珍しいメニューだと思います。

 

トーストをスプーンで切り分けると、温かな湯気とともに香ばしいカカオの風味が立ち昇ります。
見た目はブラウニーのようなどっしりとした重厚感がありますが、食べてみるとパンプディングのような軽やかな口どけで、チョコレートとトーストの贅沢な相性を味わえます。

プレートの傍らに添えたクリーミーなチョコレートクリームを和えたり、イチジクを使ったミルクジェラートと合わせることで、一口ごとに変化する味覚をお楽しみください。

 

コロンビア産のNUTTYなカカオ。

 

今回チョコレートに使用したカカオは、コロンビア産のNUTTYな香りの銘柄です。
チョコレートの王道とも言える濃厚な風味が特徴でありながら、不思議にくどさは少なく、後味がさっぱりとした銘柄です。
穀物系やミルクとの相性がよいため、今回のフレンチトーストにうってつけでした。
ミルクをたっぷり染み込ませたトーストの柔らかさと、カカオの香ばしさがマッチしています。

通常のフレンチトーストと同じようにトーストに卵とミルクと砂糖を浸した上でチョコレートのアパレイユ(液体の生地)に一晩つけています。
これをフライパンで両面に焼き色をつけてから、オーブンでじっくり火入れをして焼き上げました。
トーストの中には、板チョコレートを挟み込むことで、スプーンで割って掬うとより濃厚なカカオの香りが漂います。
トーストの上には、カカオニブと蜂蜜をかけてチョコレートソースを添えています。

イチジクのチャツネを混ぜたミルクジェラート。

 

今回、フレンチトーストの付け合わせとしてご用意したのが、特製のチョコレートクリームと、イチジクのミルクジェラートです。

チョコレートクリームは、チョコレートのホイップクリームをしっかり泡立てたところで塩を加え、ホイップバターのような柔らかな口触りに仕上げました。ソース単体で召し上がってもマイルドな食感をお楽しみいただけます。

 

ミルクジェラートは、旬のフルーツであるイチジクを「チャツネ」にしています。
チャツネとは、フルーツや野菜に香辛料を加えて長時間煮つめて作る、インド料理で定番のペースト調味料です。
カレーの隠し味に使われることが多いのですが、最近ではスイーツでも使われるようになりました。今回は香辛料にブラックペッパー、クローブ、アニス、ジンジャーを加えています。
ジェラートの甘さの中にスパイシーなアクセントが加わり、トッピングとして最後まで飽きずに食べられるように整えています。

 

温かいコーヒーとご一緒にどうぞ。

 

チョコレート・フレンチトーストは温かな香気漂うプレートですので、ぜひ温かいコーヒーと合わせてお召し上がりいただくと、よりホッとするひとときをお楽しみいただけると思います。
コーヒーは、丸山珈琲さんのコスタリカ産の銘柄で淹れました。プラム・チェリーな味わいが特徴で、今回使用したチョコレートとの相性が良く、オレンジのような香りへの変化をお楽しみいただけると思います。
リッチなチョコレートと、秋のフルーツを一緒に味わえる一皿をぜひお召し上がりください。

 

今月のチョコレートスイーツ -11月-
〜チョコレートフレンチトースト〜

 

価格:スイーツのみ730 円(税込)
   ※コーヒー付980 円(税込)

 

※富ヶ谷本店(イートインのみ)のサービスになります。
※11月1日〜30日までの限定商品です。1日15食までとなります。

 

店舗へのアクセスはこちら

 

今回使用したチョコレート

SHARE

CATEGORY

Beanカカオ豆・産地

to製造プロセス・製法

Bar商品・開発秘話

Life with Chocolateチョコレートの新しい楽しみ方

Trend・Dailyコラム・レポート