JOURNAL

ジャーナル

初夏の爽やかなピニャコラーダ風チョコレートスイーツ(6月限定)

商品・開発秘話

May 31, 2017

 

チョコレートの焼き菓子を使った新作スイーツが登場!

 

5月からスタートした月替りの本格チョコレートスイーツ。

Minimalが世界中のカカオ産地から豆を直接買い付けて自社工房で手作りするチョコレートを使って、新しいBean to Bar Chocolateの楽しみ方を提案する、“カカオの個性を活かした”新作スイーツです。

カカオという素材の魅力をグッと引き出す新感覚スイーツを、ぜひお店で体験してみてください。

 

第2弾は、チョコレートの焼き菓子を使ったピニャコラーダ風スイーツ。

焼き菓子は、外側はサクッと、内側はしっとりとした食感で、カカオの“香り”を濃厚に凝縮した一品です。

この焼き菓子の夏らしい新しい楽しみ方として、Minimalのパティシエが創作アレンジをご提案します。

 

初夏を感じさせる、トロピカルなフルーツスイーツ。

 

今回、初夏に楽しむ焼き菓子としてイメージしたのが、トロピカルカクテル「ピニャコラーダ」です。

ピニャコラーダは、ラム酒をベースにパイナップルジュースとココナッツミルクをシェイクしたカクテルです。暑い夏の日には涼やかになれる一杯です。

このピニャコラーダの素材(パイナップル・ココナッツ・ラム酒)を独自にアレンジしてワンプレートに仕上げました。

 

焼き菓子の上には、パイナップルコンポートと、ココナッツパウダーを加えたホイップクリームをサンドしています。ビターな焼き菓子と、トロピカルな酸味と甘みを一緒にお楽しみください。

トップにはガーナ産チョコレート(NUTTY ROASTY)を添えています。カカオの香りを楽しみながらかじって味わってみてください。

また、もうひとつの焼き菓子には、ラム酒を隠し味に加えたミルクジェラートを載せています。ミルクジェラートが溶けて焼き菓子に染み込んだ“しっとり食感”をぜひお楽しみください。

 

アクセントに、ハーブとスパイスを使っています。

ハーブは、「スイート・マジョラム」というオレガノに似た爽やかな香草です。スパイスはパイナップルのコンポートで使っています。チャイなどにもよく使われる「カルダモン・クローブ」というショウガ科の植物で、甘くエッジの効いた香りを味わえます。

さらに、ガーナ産カカオニブ、ガーナ産チョコレートパウダー、ローストココナッツを振りかけて、風味も見た目にも鮮やかで爽やかな初夏の一皿が完成しました。

 

 

Minimalでは毎月、月替わりで創作スイーツを発表しています。

板チョコレートに加え、もっと新たな角度からカカオ豆とチョコレートの魅力と可能性に光を当てるスイーツにぜひご期待ください!

 

− 販売商品

今月のチョコレートスイーツ -6月-

〜ピニャコラーダ風チョコレートスイーツ〜

コーヒー付980 円(税込)※スイーツのみ730 円(税込)

 

※富ヶ谷本店(イートインのみ)のサービスになります。

※毎週土日の提供になります。

※1日30食限定。

※商品には少量のアルコールを使用しています。お子様やお酒に弱い方、妊娠中・授乳期の方、運転時にはご遠慮ください。

 

 

店舗へのアクセスはこちら

 

SHARE

CATEGORY

Beanカカオ豆・産地

to製造プロセス・製法

Bar商品・開発秘話

Life with Chocolateチョコレートの新しい楽しみ方

Trend・Dailyコラム・レポート