母の日は、ちょっと大人な“ハンドメイド”ギフトを。

母の日は、アメリカ発祥の世界的なイベント。

 

今年の「母の日」は、5月14日です。 贈り物の準備は進んでいますか?

お母さんに贈り物をしたり、改まって感謝の気持ちを伝えるのは少し気恥ずかしいかもしれません。 母の日の由来は、20世紀初頭のアメリカで亡くなった母を偲んでカーネーションを捧げたことに発すると伝えられています。発祥の地・アメリカでは祝日にも指定され、国を挙げた記念日になっているのですね。

お母さんが子どもを喜ばせるのはむずかしいこともありますが、子どもがお母さんを喜ばせるのは、ほんのちょっとしたことで出来てしまうものです。 「母の日」は今や世界的なイベントですから、照れくさくても1年に1度の「母の日」はお母さんに素直に感謝を伝える準備をしたいですね!

 

ハンドメイドの贈り物で、サプライズを。

母の日の贈り物といえばフラワーギフトが定番ですが、お花にプラスアルファした贈り物を選ぶ人も多いですね。特に大人になったらグッと心に残る、お母さんが喜ぶ贈り物をしたいですよね!

例えば、作り手の思いが随所に織り込まれ、ひとつひとつ手づくりで仕立て上がったものはいかがでしょうか。ものへの驚きと感動、そして探し出してくれたことにも喜んでくれることだと思います。

 

チョコレートを食べ比べる、ギフトラッピング。

Minimalのチョコレートは、赤道直下の産地から届いたカカオ豆の状態から、自社工房にて1枚1枚、職人の手でこだわって、丁寧に作られています。 カカオ豆には産地ごとに個性があります。その個性を最大限に活かしたチョコレートは、特徴的な風味を宿しています。

Minimalでは母の日のギフトラッピングを承っています。 板チョコレートを数種類選んでいただいて、リボンでまとめてお花のオブジェを添えるラッピングサービスです。 板チョコレートをいくつか組み合わせる、というところがポイントです。 Minimalでは厳選したカカオと独自製法によって素材のもつ香りにこだわり、香料や化学調味料を一切使わず、カカオ豆の産地の違いだけで多種多彩な風味を楽しむチョコレートをおつくりしています。

「チョコレートってこんなに良い香りがするんだ!」「こんなにカカオで味が変わるんだ!」と驚いていただけるほどです。 たとえば、ベリーのようなジューシーなチョコレート、ハーブのように爽やかなチョコレート、ナッツのように香ばしいチョコレートなど、人によってきっと好みも大きく変わると思います。 なので、いくつかの種類を食べ比べながら「こっちの味のほうが好き!」といった味の好みの会話を親子で楽しんでみるのはいかがでしょうか。

子どもの頃とはまた違うお母さんとの“好みの風味”の話と一緒に昔話をしたり、新しいお母さんのキャラクターを発見したり、大人同士のゆっくりとした時間を過ごしていただけると思います。

 

ワインやコーヒーとのペアリングにも最適。

Minimalのチョコレートは、もっと楽しむことができます。

香りを大事にし、“素材感”をつよく残した製品であるため、同じように素材感を活かした食材とはとても相性がよいのです。

たとえば、ワイン。ワインはブドウというシンプルな原料でできていて、産地や品種で味わいが劇的に変わります。 この余計なものを足さない「素材オリエンテッド」な製品だからこそ、香料はもちろんミルクや余分な油分を加えないMinimalのチョコレートが絶妙にマッチします。

ワイン以外にももちろん、コーヒーや紅茶、クラフトビールやウイスキー、そして日本酒など、素材をシンプルに表現した製品とあわせて、素材の香りが交わり合い、口や鼻いっぱいに広がるペアリングをお楽しみください。

離れて住むお母さんと、義理のお母さんと、恋人のお母さんと、ちょっと大人な“ハンドメイド”のチョコレートギフトと一緒にゆっくり会話する “時間”を楽しんでみてください。

今年の5月14日が、特別な「母の日」になりますように!

 

 

母の日ギフトラッピング ¥ 216(税込)

実施店舗:富ヶ谷店・銀座店(5月2日(火)から)オンラインショップ富ヶ谷店・銀座店からの配送も受け付けています。店頭でお尋ねください。 オンラインでのご購入はこちらから 店舗へのアクセスはこちら

チョコレートの新しい楽しみ方

← Older Post Newer Post →