Minimalがわかる4つのストーリー_1.2

1.2 農家と一緒につくるチョコレート カカオは、赤道直下で採れる農作物です。

産地の気候や土壌などの条件によって、ナッツ風味からベリー風味まで仕上がりの「香り」や「味わい」はまったく変わります。 これは畑によって格付けがなされるワインやコーヒーとよく似ています。

 

良いチョコレートには、良いカカオ産地がまず重要になります。

  ワインやコーヒーに比べると、カカオの品質や格付けの議論はまだ始まったばかりです。農家は日々、カカオの良し悪しの基準や品質向上の方法を試行錯誤しています。 農家の中には、誇り高い生産者の方々が大勢います。

 

Minimalでは共に良いものを目指して一緒につくれる生産者と手を組んでいます。   生産者には良いカカオをつくってもらい、そのタスキを受け取るようにMinimalは良いチョコレートをつくる。そしてお客様に喜んでいただき、また生産者がモチベーションを上げて良いカカオをつくる。

Minimalと生産者は、ただの売買関係ではなく一緒に良いモノをつくる“仲間”です。  

 

next story : チョコレートを新しくする Minimalがわかる4つのストーリー

①Chocolate_新しいチョコレートの話 "チョコレートを、嗜好品に"  1. 引き算でつくるチョコレート  2. 農家と一緒につくるチョコレート  3. チョコレートを新しくする

②Bean_素材の話 "世界を舞台に最高のカカオを求めて"  1. 南国のフルーツ「カカオ」を探す旅  2. チョコレートは発酵食品  3. カカオ探しの旅はパートナー探しの旅

③to_製造の話 "製造は、カカオごとに"  1. 日本人ならではの素材を活かす製法  2. おいしく食べるためのデザイン  3. 世界最高峰のチョコレート品評会にて銀賞受賞

④Bar_楽しみ方の話 "3種の香りでペアリングを"  1. Minimal独自の3種のフレーバーライン  2. ペアリングを楽しむチョコレート  3. Minimalならではのカカオの味わい方

others

← Older Post Newer Post →