Minimalがわかる4つのストーリー_1.1

1.1 引き算でつくるチョコレート

 

Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー)チョコレートは、熱帯地域で採れる「カカオ」という農作物を原料に、職人が手づくりで製造します。 ワインやコーヒーと同じように、原料から丹念にものづくりすることで、おやつでも、高級品でもない、「嗜好品」に仕上げます。  

ある産地のカカオはナッツのようにまろやか。ある産地のカカオはベリーのようにすっぱい。そのくらいカカオは多様な果物です。

 

Minimalは日本人による繊細な感性で、素材そのものの個性を活かしたチョコレートをつくります。原料はカカオと砂糖だけです。香料などを足さず、「最小限」の要素と、極限までの「引き算」の発想でつくる、新しいチョコレートです。  

 

Minimalのチョコレートはザクザクとした食感が特徴です。 これは、カカオ豆の粒を粗く残す独自製法によるものです。風味の変化を最小限にとどめることで、チョコレートをかじるとカカオの香りが口いっぱいに広がります。

 

日本食のような引き算でつくられた新しいチョコレートをぜひお楽しみください。  

 

next story : 農家と一緒につくるチョコレート Minimalがわかる4つのストーリー

①Chocolate_新しいチョコレートの話 "チョコレートを、嗜好品に"  1. 引き算でつくるチョコレート  2. 農家と一緒につくるチョコレート  3. チョコレートを新しくする

②Bean_素材の話 "世界を舞台に最高のカカオを求めて"  1. 南国のフルーツ「カカオ」を探す旅  2. チョコレートは発酵食品  3. カカオ探しの旅はパートナー探しの旅

③to_製造の話 "製造は、カカオごとに"  1. 日本人ならではの素材を活かす製法  2. おいしく食べるためのデザイン  3. 世界最高峰のチョコレート品評会にて銀賞受賞

④Bar_楽しみ方の話 "3種の香りでペアリングを"  1. Minimal独自の3種のフレーバーライン  2. ペアリングを楽しむチョコレート  3. Minimalならではのカカオの味わい方

others

Newer Post →